クリスマスイブに考えてみた

クリスマスイブに考えてみた

ついにクリスマスイブ。

クリスマスって、なぜかソワソワしますね。

私はテレビから流れる頭痛薬の「イブ」のCMにも過剰反応しています。

ただ冷静に考えると、クリスマスイブはキリスト生誕の前夜祭。

キリスト教徒ではない私は、世の中の雰囲気に何となく乗っかっています。

それにしても日本人は年末、色んな神様に会いますよね。

クリスマスにはキリスト、大掃除にはトイレの神様、大晦日には除夜の鐘をつきにお寺へ、そして神社へ初詣。

日本人の宗教感って面白いなーとしみじみ。

昔から「九十九神(つくもがみ)」といって色々な物に神様がいるという考え方があったので、そのへんは寛大なんでしょうね。

年末に向け、仕事納めやら、大掃除やら、ちょっとピリピリしてしまうこの時期。

今日は早めに仕事を片付けて、キャンドルでも並べて、ゆるりと寛大な気持ちを持って(ここ重要)、シュワシュワのシャンパンでも飲みながら、クリスマスイブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

楽しみ方は、自分次第。

今日ぐらいは楽しんだってバチは当たらないはず。

(文:C編集部員)